稚児行列天冠

秋に入ってからの週末、稚児行列に参加してきました。
娘は薄化粧し、着物・金襴(きんらん)・袴、
頭には天冠(てんがん)の衣装。
ただ、天冠は重かったのか、紐であごに固定した感触が嫌だったのか、
ほとんどつけてはいませんでした。
いとこのお姉ちゃん・お兄ちゃんと一緒に行列で歩くようになったら、
ウキウキで進んでいきました。

こちらは娘用の衣装にあった天冠。
色合いや素材感が、改めてアジアだなあと。
時期がハロウィンに近かっただけに、
アジア版の仮装行列のような気分で歩いていました。

日曜市の柑橘類


猛暑から、だんだんと秋めいてきました。
私の町でも、ミカンが出始めました。

今回の絵は高知城の城下で行われている日曜市で、
ミカンが並んでいる光景の写真を参考にしました。

描いた時はいろいろな柑橘類がたくさん並んでいる、
と写真通りの印象でしたが、
時間をおいて見直すと、
花がいっぱい集まっているようにも見えます。

ふと、キンモクセイを思い出しました。
キンモクセイはもっと花が小さいですが、
そろそろキンモクセイが咲き、
花の香りが始まる季節も来るのだなと思いました。
あんなに暑くて大変だった季節も、どんどん変わっていくのですね。

今日はだいぶ涼しかったようで、寝冷えしてしまい、
ずっと鼻水とくしゃみに格闘中。
皆さまもどうぞご自愛ください。

夏山テント

絵本も考えながら、違う作品を少し描いていきます。
マーカーでいろいろなバリエーションを描きたくなり、シンプルな絵を描こうと始めてみました。

夏山にテントがたくさん張られ、上空からのカラフルな景色。
人工的なものと自然物が一緒にあって、どちらも鮮やかで眩しい。

いくつも絵を描いて、子どものクロッキーやおもちゃのように
バリエーションを増やしてみます。

おもちゃたち

娘が遊んでいるおもちゃをスケッチしていくことにしました。
スケッチブック1冊がうまり、一度アップします。

色が鮮やかで楽しいです。
素材によってちょっとずつ色味が違い、陰影の具合が違っていたり、
よく見ると、こんな形だったのかと発見があったり、
描けそうに見えて、いざ描くと難しいものも。

1日に何枚も描くよりも、1日に1枚だけと限定し、
制限時間を設けて、集中して見て描いたものの方がより描けていました。
クロッキーと平行しながら、時々描き進めていきます。

杜-湖の中

以前描いた「森」をモチーフに描きました。
夜に小島へたどり着くイメージです。

初めに描いたのは下の方ですが、杜のところだけ昼間のような感じで、
ちょっと違うかな、と思いつつ、
こちらの方が湖の中の浮島の感じが出ていて、これはこれでありですね。
夜の話であっても、画面は暗くなくてもいい気がしてきました。

今回のシリーズは絵本の原案の、イメージを広げるために描いています。
この絵はいつも描くアクリルガッシュから、試しに透明水彩で描きました。

アクリルガッシユでは印刷しても彩度が落ちないのがメリットです。
なんども重ね、むらが生じないようにして描いてます。
正味3,4日かかっていることもよくあります。
ところが、透明水彩だと正味数時間で完成でした。
なんてすぐに描けるのでしようー!

今現在使っているこの紙は、完全に水彩向きですね。
水彩だとすいすいかけて、きれいに仕上がります。
水溶性の画材でも、向き不向きがどうしてもあるのですね。

ジェッソ下地のため、むらが生じていますが、これはこれで湿気のある空気が出ている気もします。
他の画材、アクリル、ポスターカラーなどでも試すのもよさそうです。
同じ画材でも、色の出し方を変えてみるのも手でしょうね。

続きでまた描いてみます。

森の続き ― 杜


先日描いた田んぼの中の神社の森(杜)を描いています。
神社の森なので、「杜」の方がより近いかと思い、今回は「杜」としました。

今回は習作。
マーカー(copic ciao)でどんな表現ができるかと描いてみました。
曲線の細かな幾何学模様は、マーカーだとくっきり出て、向いているようです。
テキスタイルのデザインにも合いそうです。

この紙にはジェッソを塗布していて、鮮やかに発色しますが、じんわりにじみます。
マンガのイラストを描くような紙、つるつるしたケント紙の方がにじまず済むのかな?

透明水彩で描いた試作は、また次回に紹介します。

いつも通る田んぼ道の真ん中にある
神社の森を定点観察しています。

季節によって
花が咲く 緑が萌える 紅葉 葉が落ちる
などの変化があります。

浮島のようで、見るたびに美しく不思議で見とれます。

前後と左右のグラデーション

しばらく前に録画した番組を見ていたら、一瞬すてきな景色を見つけました。
それは、木の生えた小道を挟んで、左は茶系の麦畑、右は明るい緑の草原。
手前から奥にかけて徐々に色が暗くなっていく。
そして黄土色から深緑色の、奥の森を挟んで、さらに奥には青い山々。
それぞれグラデーションに見事に分かれていました。

メモ代わりにスケッチ。
雄大な景色の中で繰り返される色から、いろいろなアイディアをもらえました。

アジサイ


今度絵本に描きたいアジサイ、まずはスケッチです。
咲き始めたものと、咲きほこったものの両方を描いてみました。
実際の花よりも花のまとまりが広がってしまったようにも思います。
こうやって描くと、アジサイはとってもゴージャス。

最終的にはもっとシンプルな形にしていきます。
・きゅっとまとまった球体にする
・なにか希望を感じるような花の開き方
次に描くときはこの2つを念頭に。
花をそのまま描いて形を手に覚えさせてから、だんだんとそぎ落としていきます。

カイコタマネギ

大事なものを 中にくるんで
外へ外へ 広がっていく

くるまれた部屋の中には 大事な芽があり
柔らかいものは いつか芽吹く時まで 守っていく

時は過ぎ あたたかな衣は 何層にも 重ねられ
芽は ゆっくりと 育っていき
やがて芽は 衣をはがして 外の世界へ