根元はどっしりと太く 木のようで
先は枝分かれ 明るい色になっていくトゲ

丸々とした2つの実と ほっそりした実が1つ
ほっそりの実からは 少しだけ芽が顔を出す

ドングリ林で ドングリの実が落ちてきた時は
速くて強い落下で 痛かった

栗で同じことがあったら
昔話の登場人物に 慌てふためくだろう

トゲに囲まれたイガの内側は 動物のような起毛であった
3つの実は温かく守られたお布団で眠っている 
準備ができて ぱかっと割れるまで

ベートーヴェン生誕250周年

2020年はベートーヴェン生誕250周年にあたる年で
1月に書道で「ベートーヴェン」と書く機会をいただきました。
(多くで「ベートーベン」と表記されることも多いですが、今回は「ベートーヴェン」と書くご依頼いただきましたので、このまま表記しています。)

試作を経て

候補作を書き

こちらが最終候補になりました。

この春にお披露目するはずでしたが、今回のコロナ禍で、残念ながら一旦終了に。
2020年前半に予定されていたイベント・コンサートが軒並み中止になってしまったためです。

9月に入り、NHKでも「ベートーベン250年プロジェクト」がようやく始まりました。
コロナウイルス感染拡大がひどくならなければ、少しずつ周年行事も盛り上がってくるでしょうか。
またいつかどこかでこの作品も見られるようになればな、と思っています。
【ご参考までに】
アンバサダーを務めるのは稲垣吾郎! 「ベートーベン250」プロジェクト |NHK_PR|NHKオンライン
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=24978

さて、私は8歳から18年程書道をしておりました。
今回のご依頼で、久しぶりに筆をとりました。
10年以上ブランクはありましたが、しばらく書くと、書く体にだんだん戻ってくる感覚がありました。
日々の筋トレの積み重ねみたいなものでしょうか。
書いていてとても楽しかったです。
最終候補に選んでいただいてからでも、もっと書けば、もっといい作品が出てくるのではと思ったくらいです。

習っていた当時、
・漢字(半紙に書く)、
・かな(かな用の薄い和紙に書く)、
・硬筆(ペン)で漢字・かな・実用文(ハガキ大の紙に季節の文章などを書く)、
・短期間でしたが 条幅、細字、つけペンでの硬筆 を続けていました。

書道の師匠からは、他にも
水墨画風の絵や、書や顔彩を生かした年賀状、マーブリング、
料理やおいしい緑茶の淹れ方など、
本当にたくさんのことを教えてもらいました。
今に続く書く・描くこと、生活での楽しみの基盤がここにあります。

今年、描く絵・文字・線、さらに筆やペンなどの道具・紙なども改めて見直しました。
 もっとなにかできるのではないか
 もっといい表現ができるのではないか
 絵でも文章でも、今までためてきたことがなにかもっと生かせるのでは

実験は続きます。

金継ぎ 第1弾

気に入っていたマグの取っ手が取れてしまい、
しばらく前からやってみたかった金継ぎをようやく決心しました。
梅雨入り頃からやっていたのが、今月半ばにようやく完成。

1回目で、まだやり方をちゃんと理解しきれておらず。
つなぎ目が少しずれました。
またどこかでぽきっと折れてしまうかな…と心配していましたが、
2週間ほど特にトラブルもなく使えています。

今回のマグは、友人の結婚式の引き出物でもらった思い出の品。
同時にやった他の器も、いくつかまた描いてみます。

新婚旅行先で買い、使ううちに欠けてしまったマグも最近見つけ、
2回目の金継ぎも始めてみました。
1つ1つは短時間で進む11ほどの工程ですが、乾燥に2~3週間や3~4日かかる工程もいくつかあり、気の長い作業です。
漆の性質は、湿気がある時期の方が乾燥が進むとのこと。
乾燥しやすい時期の前に、時間を見つけてやっていきます。

かんむり

春はとうに過ぎ
もうすぐ梅雨明け
シロツメクサのかんむりは
ほどけないまま 皿の上

ひとつだけの はかりでは
見えないもの はかりきれない

秋に咲く 種をまく
コスモス サルビア
虫に 食われても
上に延びる 葉をつける

夏を越し 花が咲きますよう

目の前の楽しみを 少しずつ
次は 花火と手巻き寿司

春の名残

春の初めから初夏にかけて
摘んだ花

分けてもらった花

拾った花

が、乾燥し
和菓子、反物のような色合いに。

「摘んだ花」もいい具合に乾燥し
現在また違った風情を出しています。
今度はこれを描いてみます。

好きな絵を見ていて
この作家さんは「線の人」だなあ
この人は「面の人」だなあ
と思うことがありました。

線に味があり、特にその人らしさが出ている作家さんは「線の人」
色が前面に出ていて、その組み合わせが特徴的な作家さんは「面の人」なのではないかと。

私はずっと「面の人」になりたいと思っていました。
しかし、より特徴を出しやすいのは「線」かもしれないと思い始めました。
ずっと続けていた書道しかり、
小さい頃でも絵具で描くよりもよく描いたのは鉛筆やペンでした。

中には、線も面もどちらでも魅力的な方もいらっしゃいます。
いろいろ描いたり、やり方を組み合わせて「面」でも「線」でも 
“これ!”
というものが表現できたら楽しいですよね。
さてさて、たどりつくには、描くのみです。

散歩のお土産 続き

先月に引き続き、外出の少ない時期は散歩の帰りに摘んで持ち帰り、
うちでは眺めながら描いていました。

しばらく瓶に入れておくと、摘んでからでも
花が開いたり閉じたりを繰り返すこと、
ついには綿毛になっていくことも知りました。
生命力すごい。

最初は生けていたのが、水に浮く姿もいい。
浮いて無重力のように草が広がるのを描くと、模様のようにも見えました。

静かに、確実に、変わっていく姿。
その時その時でまた別の美しさ。
机の上で、台の上での楽しみです。

その後、また違う描き方も試していました。
続きはまた。

散歩のお土産

引越す前はよくしていた散歩。
陽気もよくなり、元気になってきました。
少しずつ再開。前のペースに戻りつつあります。

初めは、長女が摘んだカタバミとスミレ。
迎えた夫がガラスのコップに生けたら、なんだか描きたい!
勢いで描いてみました。
ぬりえとして遊べるなと思いながら。

せっかくの春。
日々のはっとしたものをちょっとずつ描いてみることにしました。
次は、公園で拾ったツツジとツバキ。
ベンチの木枠に収まりました。

買ったらお花付きのコリアンダー。

カタバミとスミレは案外長持ちでした。
特にカタバミは丈夫です。

楽しくなってきたので、今度は私がエンドウ付きのカラスノエンドウとハルノノゲシ(たぶん)を摘んでみました。

ハルノノゲシはすぐに名前が思い浮かばず。
昔の図鑑からひっぱってきました。
図鑑には「花は5月~8月に咲く」とありましたが、今年はだいぶ前から温かく、もうしっかり育っています。
生けている間にも生長していて、ついには綿毛ができました。
茎にはびっしりアブラムシたちも。よく見ると動いていた!

よく見る草花や雑草も、私の小さい頃とはどんどん種類や時期が変わっていそうです。
身近にあるものをいっぱい調べて、同じ時間を過ごすと、なかなか深い世界がありそうです。
どんどん深掘りしてみたくなりました。

クロッキー(No.28)

長女が月に数回「帰ってきてから一緒に絵を描こう」という時があります。
ともに描いて、見せあう。

描いた内容が以前より具体的な描写になりました。
最近は生活の中の絵(園で友達と遊んだ、家族と家、好きな食べ物など)が多いような気がします。
もっと小さい時の抽象画も、今の絵もそれぞれ面白さがありますね。

先月描いたものを踏まえ、肢体のつながりや足の様子にフォーカスして、
二女の昼寝の様子を書きました。

起きてからの動く様子も。

そしてとうとう鉛筆を持ち、ぐりぐりと描くようにもなりました。

寝ている様子は、あぐらの体勢で描いていました。
その後、産後のお尻の痛みが再発。恥骨結合炎ではないかとのこと。
改善しようとストレッチや筋トレを、少しやりすぎてしまったかもしれません。
2人を自転車に乗せて動くのが多かったことや、
なかなか外出しづらい時に、歩く時間が少ないことも影響したのでしょう。
描くにもまずは体が大事。短期的にはまず痛みを改善、長期的には運動して体を戻して、変えていきたいです。(いい方法があればぜひ教えてください!)

さて、 桜が本格的に咲く春が訪れました。
しばらくクロッキーが多かったですが、そろそろ違うモチーフや描画材で描きたくなってきました。
クロッキーも定期的に続けていきます。
また描きます。

クロッキー(No.27)

「クロッキー」というタイトルなのに、最近スケッチの投稿が多かったですが、今月はクロッキーです。

というのも、今月はじっくり描くには不向きな状況でした。
二女はな・せきの風邪 → 長女インフルエンザ → 二女胃腸風邪 → 長女胃腸風邪 → 私胃腸風邪 → 夫胃腸風邪 → 二女1日のどこかで微熱継続中
家族皆が元気だったのは正味1週間なかったかも。
なかなか外出も運動も少なく、一緒に静養するのに付き合ってこもりがちな1か月でした。

私が一緒に寝転んでいると、ようやく寝る子ども。
いや、むしろ付き合っている私の方が寝ていたような…。
子どもたちは体調不良のはずなのに、いつもどおり元気でした。

状況が少し落ち着いた時期になり、歩き始めた二女の様子をすばやく描こう!と意気込んでおりましたら、

二女の動いているところを描き始めてまもなく授乳をしたら、一気に眠ってしまいました。
これを描いた時の二女は、まだ本調子ではなかったのですね。

寝ながらも少しずつ動きます。

あまり深く寝ていなかったようで、足や手は起きている感じもします。

全体を描こうと思いつつ、描き始めたのは頭部からで、足が収まり切れず。
指の部分を描こうとしたら、かかとのあたりがなんだかビーチサンダルのようになってしまいました。

刻々と動きが変わるので、目立ったところをさらに描いてみました。
手の動きがいかにもこの時期の赤ちゃん。

3枚目にしてだいぶ形をつかんできたと思ったら、起きてしまい、終了。
顔や手の形はある程度描き慣れてきたのか、数枚描いていると少しずつ自分の手が描く動きを思い出してくれます。
それに対して足は、いろいろな角度と、体ととのつながりを描くには、もう少し量を描く方がよさそうです。

大人を描く時、上半身と下半身のバランスと、肢体部のつながりを描くのを迷う時があります。
大人と比べると、赤ちゃんや幼児の方が丸い曲線で一体化しているからか、体の各パーツとのつながりは描きやすい気がします。

また描きます。

クロッキー(No.26)

今回はクロッキー帳に描いた、カラーのスケッチです。
眠る二女と、

描く長女。

じっとしている状態は、描きやすいです。
少し動いているところは、ちょっと実物とずれています。

写真で一方向から描いていると、きれいには描けるけど、ちょっと距離を感じる絵になることがあります。
クロッキー帳に描いている絵は、正確さよりもその時の臨場感を出したくて描いています。

今まで描いてきた絵の多くは、同時に写真も撮っています。
実物を直接見て描いた場合・写真だけを見て描いた場合とを、比較するのもおもしろそうです。

作品の中で子どもを描く時には、臨場感も絵の物語に入りこみやすい姿も必要かなと思っています。
絵も写真も近い将来への蓄えです。

また描きます。