クロッキー(No.17)


首を90°動かし、今にも寝返りをうちそうです。


その前に首が座ることが必要ですが、
縦抱きの抱っこが好きなので早そうです。


泣くというより、叫ぶといった方が近いです。
「あーーーー!!!!!」とすごい大きさの声を出します。
そして、抱っこするとなぜか首を縦に振り、
抱っこした人の胸に顔をこすり続けることもしばしば。

眠るととても穏やかです。

出産前後の病院にいる時期、
真っ白な天井を見上げぼんやりしていると
いろいろな絵が浮かんできました。
余白はどこにでも必要だなと感じた時間でした。
本棚にも、家の中にも、時間の余裕も。

長女の時はまだこの時期に自分が寝てばかりでしたが、
今回は少しではありますが、描くことができています。

クロッキー以外の、絵本も徐々に。
まだ余白も余裕も少ないですが、つくっていきたいですね。

また描きます。

クロッキー(No.16)


久しぶりのクロッキーです。
我が家に新しいメンバーの二女が加わりました。


描いていると長女との違いが見えてきます。
まつ毛の濃さ、髪の毛の様子、表情や口の動き、耳の形。

しばらく幼児を描いていたので、手を動かすと顔やパーツのバランスは
知らずに幼児に近いものを描いてしまいます。
これからたくさん描いて、思うような線や表情を描けるようになりたいです。

ウリ坊 メイキング

今年の干支のウリ坊、ようやくメイキングをアップします。
今回は消しゴム版に刷る方法でやりました。

まず、アイデアスケッチをもとに、絵を描いてみました。

その後、この絵をトレーシングペーパーに転写。

これを裏に向けて、消しゴム版の上にこすって鉛筆部分の線を写します。
ウリ坊の模様部分を塗るかどうか、まずは線を引きながら考えていました。
こちらは参考用。
実際は縞模様の部分が黒い色で残るように、彫らずに残しました。

そして白黒のみで刷ったものがまずこちら。

刷ったものを乾燥させて

今度は、子どもの服の部分を作り、スタンプ押し。
作った版は、この2つ。

そして、元旦のスタンプも押して完成。

1枚ずつ乾燥させました。

こんな感じにやっていました。

消しゴム版を彫るのが一番時間がかかりました。
ある程度深く彫らないと、必要な線以外の線が多くなります。
とはいえ、多少の必要外の線も味ですよね。
そこの線引きに迷いながら作りました。

あと、縁の部分にまっすぐカッターを下ろして作らないと、スタンプ押しをした時に結構ずれます。
今回、斜めになってしまい、子どもの服のスタンプ位置決めが難しかったです。
きれいにカットして正確に押すことができるようになっていれば、ちょっとしたズレがかっこよく押せます。
いわゆる手仕事の「味」となっている部分は、しっかりした技術があってこそだなと痛感しました。

お正月の更新からの間に、実は引越をしました。
まずは最低限の衣食住ができるくらいになってきました。

特にどれを残すか迷った本は、2割ほど減らして調整したところで、引越に。
その後、本棚に入れながら絞ることに決めました。
しばらくは時間がかかりそうですが、厳選したものを眺められるようになるのは心地よさそうです。
前回は好きなものを扉付きの本棚にたまりすぎたので、今回はオープン棚にしました。
整えつつ、新しい絵を描き始めたいです。

2019年あけましておめでとうございます

前回のウリ坊は、最終的にこのようになりました。
またメイキングは更新します。

今年もこちらをご覧いただきありがとうございます。
お楽しみいただければうれしいです。
2019年は引越と新生活が始まり、いろいろなことを整えながら進むことになりそうです。
リセットにいい機会。乗り切りたいです。
本年、苔庭を読んでくださるあなたにとって、どうぞよき1年となりますように。

ウリ坊

来年の干支をもとに、絵を描いてみました。
途中段階までのスケッチをアップします。

イノシシの写真を見ていく中で、
やっぱり子どものウリ坊がかわいい!描きたい気持ちになり、
モチーフはウリ坊に決定。

最初は丸っこい幾何学模様、
シンプルなものを描きたいなと考えていましたが、
だんだんとイノシシの躍動みたいなものを描きたくなりました。

ウリ坊をもとにすると、牙はまだ生えていないので、
シンプルなデザインだと、ブタと大きな差がなくなってしまいました。
色合いによってはわからないかもしれません。

今日、実際に作るものの下絵はできました。
ここからまた加工をして作っていきます。

ケヤキの大木

今年の秋は暖かく、寒いのが苦手な私にはとてもありがたいです。
街の紅葉はもうそろそろ終わり始めた印象。

これから引越を控え、今までの荷物の見直しをしています。
制作物はある程度整理ができているのですが、失くさないようにまとめておきたいです。

その代わり、まだやる必要あるのが、紙もの。
必要かも…と取っておいた新聞の切り抜きや、リーフレット、パンフレット類。
参考になるかもと持っていた雑誌や資料。
でも今は電子化していたり、取り寄せ可能なものは図書館などで対応することも、ものによってはできるようになりました。
ある程度はかさは減らせそうです。
とはいえ、電子化を自分でする=スキャン・写真撮影 となると、なかなかの量。
引越日を締切に、思い切って手放すことも必要なのでしょう。

以前思い切って捨てた本を、後で見たかった経験があり、なかなか思い切れなかったですが、
引越先スペースにも限りがある!
なんとかやりきりたいです。

引越する度に、だんだんとその時々において自分に必要なものが見え、すっきりします。
引越をするようになる前は、引越=大変 と思っていましたが、
まあ大変だけど、楽しい方がわりと勝っています。
どんなふうに新しい住まいが整えられていくかが、楽しみです。

稚児行列天冠

秋に入ってからの週末、稚児行列に参加してきました。
娘は薄化粧し、着物・金襴(きんらん)・袴、
頭には天冠(てんがん)の衣装。
ただ、天冠は重かったのか、紐であごに固定した感触が嫌だったのか、
ほとんどつけてはいませんでした。
いとこのお姉ちゃん・お兄ちゃんと一緒に行列で歩くようになったら、
ウキウキで進んでいきました。

こちらは娘用の衣装にあった天冠。
色合いや素材感が、改めてアジアだなあと。
時期がハロウィンに近かっただけに、
アジア版の仮装行列のような気分で歩いていました。

日曜市の柑橘類


猛暑から、だんだんと秋めいてきました。
私の町でも、ミカンが出始めました。

今回の絵は高知城の城下で行われている日曜市で、
ミカンが並んでいる光景の写真を参考にしました。

描いた時はいろいろな柑橘類がたくさん並んでいる、
と写真通りの印象でしたが、
時間をおいて見直すと、
花がいっぱい集まっているようにも見えます。

ふと、キンモクセイを思い出しました。
キンモクセイはもっと花が小さいですが、
そろそろキンモクセイが咲き、
花の香りが始まる季節も来るのだなと思いました。
あんなに暑くて大変だった季節も、どんどん変わっていくのですね。

今日はだいぶ涼しかったようで、寝冷えしてしまい、
ずっと鼻水とくしゃみに格闘中。
皆さまもどうぞご自愛ください。

夏山テント

絵本も考えながら、違う作品を少し描いていきます。
マーカーでいろいろなバリエーションを描きたくなり、シンプルな絵を描こうと始めてみました。

夏山にテントがたくさん張られ、上空からのカラフルな景色。
人工的なものと自然物が一緒にあって、どちらも鮮やかで眩しい。

いくつも絵を描いて、子どものクロッキーやおもちゃのように
バリエーションを増やしてみます。

おもちゃたち

娘が遊んでいるおもちゃをスケッチしていくことにしました。
スケッチブック1冊がうまり、一度アップします。

色が鮮やかで楽しいです。
素材によってちょっとずつ色味が違い、陰影の具合が違っていたり、
よく見ると、こんな形だったのかと発見があったり、
描けそうに見えて、いざ描くと難しいものも。

1日に何枚も描くよりも、1日に1枚だけと限定し、
制限時間を設けて、集中して見て描いたものの方がより描けていました。
クロッキーと平行しながら、時々描き進めていきます。